シンプル×引き寄せ これいいよ研究所

baby-kardashians-kourtney-kourtney-kardashian-Favim.com-5197218


  • おすすめ本(書評)

スポンサードリンク

〈書評・感想〉『こどもはママのちっちゃな神さま』長南華香(ちょうなん・はなこ)

生まれる前の記憶を話す子供がいる

体内記憶の第一人者 池上明先生によると

「世界中の子供たちが生まれる前のことを話す。そしてその内容には共通点がある」

そうです。

体内記憶とは

子供たちがこの世に生まれる前の記憶。

 

こどもはママのちっちゃな神さま

という
親子セラピストの 長南華香(ちょうなんはなこ) さんの本を読みました。

私の感想ですが、
世の子育てに悩むお母さんたちをとっても楽にしてくれる
バイブル的な本になるだろうと思いました。

子供たちは親を選んで生まれてきた?

体内記憶を持った子供たちが語るのは

子供は産まれるずっと前から親のことを見ていて、そして選んで産まれてきたという話です。

 

子供はミッションをもって産まれてきた?

子供はママの才能を引き出すために、ママを幸せにするために産まれた来たそうです。
子供はママにたくさんのお土産を持ってきてれるのですが、
多くのお母さんはそのお土産に気づいていないようです。

 

子供がママのちっちゃな神様という意味は、

子供は、ママがもっと、ありのままの自分になれるように、幸せになれるように

働きかけてくれる、ママ自身の分身だからです。

 

この本には

不妊
流産
新生児死
帝王切開
早産
夜泣き
アトピー
激しい癇癪・自分責め
不登校
ハンディキャップ

などの症状別の検索で、子供がママに何を伝えようとしているのかを知ることができます。

これらのお土産には
大事なことは
常に、「子供は自分を助けようとしてくれている」という視点を持つことだそうです。

まさに『子供はママのちっちゃな神様』

 

例えば、

 

鏡の法則の起原は罪悪感

お母さん(ママ)たちが知らず知らずに自分を責めてしまった罪悪感
潜在意識にたまっていて、
そしてその潜在意識にたまった罪悪感を小出しにする方法が

鏡の法則の起原でもある『投影』

つまり

自分が持ちきれない罪悪感を人に押し付けて、自分を守っているのです。

自分を責めると人を責めたくなる

人はすべて自分の影人間関係はすべて自分でつくっている

 

この本の著者、長南華香(ちょうなんはなこ)さんは、ご自身も体内記憶をお持ちだそうです。

宇宙のお話に絡めながら、

親子関係の話を事例も交えてとってもわかりやすく書いてある本です。

こどもはママのちっちゃな神さまおススメです。

 

 

 


スポンサードリンク



Pagetop