シンプル×引き寄せ これいいよ研究所

ebe7a1b82c895533690d18e384900a19_s


  • ハッピー子育て

スポンサードリンク

ロンポス101:幼児・小学生の知育玩具へブロックパズルのプレゼントがおすすめ!

最近幼児や小学生に最適なロンポス101というおもちゃをしりました!

我が家には小学生低学年の子供がいるのですが、最近TVが好きで、
DSを買ってほしいと言い始めたのでいろいろと他にいいものはないかと作戦を考えています。

将棋を教えたところ、将棋にはまっていますが、
私が将棋ができないため、いつもお父さんを待ってから対戦してもらっています。

オセロも好きですが、オセロも対戦相手が必要、私もなかなか忙しくて相手をしてあげられないので、
何か一人で夢中になれるものはないかと探していたところ

出会ったのが

この『ロンポス101』です。

ネット情報だけでは、具体的な遊びはよくわからなかったものの、レビューがいいこと、
小さそうなところ、値段も手ごろだったので、アマゾンでポチしました^^

ロンポス101はこちら

IMG_0649

 

筆箱よりも小さいサイズ。

IMG_0700

中にこのような色のついたピースと問題の小冊子がついています。

IMG_0702

IMG_0703

IMG_0705

レベルがだんだんとアップしていって、
最初は2Dのパズルから始まり
最後は3Dの立体パズルになります。

IMG_0706

幼児でも楽しめるレベルから、大人でも解くことが難しいレベルまで幅広く対応!

☆やりかた☆

問題の小冊子を見ながら、問題の絵にある通りに10個のピースをパズルボードに置いていき
同じようにまず並べます。

こちらはLEVEL1の最初の問題。

IMG_0710

そこからがチャレンジです。先ほど配置したピースはそのまま動かさず、

空いているスペースを、残っている1個のピースを使って自分で考えて埋めて、完成です。

レベルが上がっていくにつれて、空いているスペースが増え
自分でうめなければならないスペースがピース一つ分ずつ広がるので、難易度が上がっていきます。

Level1では最後の1ピースだけを埋めればよかったものが

Level6では半分埋めてあるので、残りの6ピースも埋めなければいけません!

そのあとほとんど空スペースだらけのチャレンジ問題を解いて

IMG_0711

 

そしてそれができるようになったらいよいよ

3Dの立体ピラミッドの問題に進む準備万端です。

立体ピラミッドもやり方は同じで、最初問題の通りに配置したあと、残りのピースを埋めることで
ピラミッドを完成させていきます。

難易度が上がるほど、自分で配置を考えなければならず、

大人でも最後のほうは結構難しいです^^;

でも、大人も夢中になってしまいます♪

見た目は地味だけど、持ち運びしやすく、旅行先にもっていっても楽しめそうです^^

肝心の息子の反応はというと、
LEVEL1は届いた日に全部すませてしまいました。そろそろ2Dが終わりそうです。

母としては長く使ってほしいので、「1日1問とかやっていったら~」と余計なことを言ってしまいましたが、
そんな言葉はまったく聞こえない感じで夢中になってやっていました(笑)

ロンポス101がおわると

ロンポス505という問題数も多い次のレベルもあるそうです!!

全部を制覇したら、次のレベルも買ってあげたいです。

とてもおススメのゲームです^^/


スポンサードリンク



Pagetop