シンプル×引き寄せ これいいよ研究所

80eedf27c4a88f15a6cb83c80ebdd95a_s


  • 自己啓発・スピリチュアル

スポンサードリンク

算命学:自分の取扱説明書 体験談

女性って占い好きですよね~。

かくゆう私も、占いは好きです。

今まで東洋、西洋いろいろな占いを見てもらったことがありますが、

ここまで当たるの!?っていうくらい、ズバズバ言い当てられてしまう占いを体験しました♪

 

その占いとは

『算命学』です!

1.算命学とは

eb2177c6e0fd6e70c460e25fc78bc913_s
算命学とは
算命学(さんめいがく)は、中国に発祥した干支暦をもとに、年と月と日の干支を出して、人の運命を占う中国占星術、中国陰陽五行を土台とした運命学の一流派であり、伝統を継承しながら日本で学問として大成された。
(ウィキペディアより)
だそうです。
もともと一子相伝でずっと伝承されていたものが、伝わってきているそうで歴史があるのですね~。

 

2.死ぬ日までわかる?

算命学は極めれば、死ぬ日までわかるといわれるようなものだそうです。
実際に、私が教えていただいた先生も、10年くらい勉強をされているそうですが、
途中、あまりに当たるのが怖くなって、何年か勉強を中断されたこともあるとか@@(驚)

3.体験談

では、実際に体験した時の様子をレポートします^^
まず事前に

自分の生年月日、生まれた時間
家族の生年月日 生まれた時間 を先生に伝えておきます。

結婚の運(相性)をみてもらうには、付き合い始めた時期や、はじめて体の関係があった時期などが必要になるそうです。
今回は自分の性質を教えていただいたのですが、
とにかくいろいろな角度からたくさんの情報量で教えてくださいます。

私は
日干では、金の陽、5行(木・火・土・金・水)あるうちの金。それぞれに陰陽があるらしいので、金の陰という方もいるそうです。

動乱の中で活路を開く能力があるそうです。

そして

性格の特徴

強い本能

エネルギー

純濁法

結婚観

天中殺

と事細かに教えてくださいました。
あまりに詳しくてとても当たっていたので、

後日、追加でお願いした家族の鑑定では

エネルギーは私が一番強く、子供も強い子と弱い子がいて、そして、夫はなんと家族で一番エネルギーが弱いということがわかりました。

エネルギーが強い子はほっておいても大丈夫だけど、弱い子は叱る場合でも、あまり感情でひどく叱ったらよくないようです。子供への対処法もわかってありがたいです。

他にも
今後の人生の流れ20年ごとに教えていただきました。

 

4.算命学を受けてよかった点

今回受けた算命学では、運勢ではなく、持って生まれた運命的なものを見ていただいたので、
自分自身の性質を知ることができ、題名の通り、自分の取扱説明書を頂いたような気持ちになりました。

そして算命学を知ることで、無駄な時間を使うことなく、得意な部分を伸ばすことができると思いました。

おススメです!

私が受けた先生はコチラ

http://ameblo.jp/antoine75/entry-12089790470.html


スポンサードリンク



Pagetop